MENU

サロンの詳細

行き方/アクセス方法

・地下から行く場合

横浜駅の中央北改札・中央南改札から西口に出ます。階段を上がってバスロータリーを右手・高島屋を左手に直進し、高島屋を超えて横断歩道を渡り、JTBトラベルゲートの方に。

 

そのまままっすぐ直進すると、左手に野村證券が見えます。そのビルの6階がダンディハウス横浜店ですよ。

 

・地上から行く場合

横浜駅西口を出て、右手にあるモアーズの方からヨドバシカメラの方へ向かいます。

 

フライデーズやヨドバシカメラを過ぎて直進し続けると、右手にチャコットというダンススクールの入った横浜西共同ビルがあります。その10Fが横浜中央クリニックですよ。

 

住所 神奈川県横浜市西区北幸1-5-10 東京建物横浜ビル6F
診療時間 平日11:00〜21:00 土日祝10:00〜19:00
定休日 不定休

 

≫ダンディハウスの無料カウンセリング予約はコチラ

 

刺青(タトゥー)があっても刺青出来るのか?

ファッション感覚で入れ墨(タトゥー)を入れている人も増えているのですが、実はレーザー脱毛や光脱毛では基本的には入れ墨を入れている部位の脱毛をすることはできません。

 

というのもレーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素に反応する仕組みになっています。メラニン色素は黒であり、黒い色に反応して皮膚と毛乳頭を判別して毛乳頭のみに熱でダメージを与えることで、皮膚の負担を軽減して脱毛をすることができます。

 

入れ墨が入っている部位にレザー脱毛や光脱毛の施術をしてしまうと、皮膚と毛乳頭の判別をすることができないため、毛乳頭だけではなく、その周りの皮膚も大きなダメージを負ってしまいます。

 

皮膚がやけど状態になってしまったり、場合によっては入れ墨の色が薄くなってしまたりする可能性もあります。

 

入れ墨があっても脱毛ができる方法は?

入れ墨がある部位へのレーザー脱毛や光脱毛は皮膚トラブルなどのリスクが高いことから、ほとんどのクリニックやサロンが施術をNGとしています。

 

しかし、脱毛方法によっては入れ墨がある部位でも脱毛をすることができます。

 

入れ墨がある場合でも取り入れることができる脱毛方法として挙げられるのが、「ニードル脱毛」です。

 

ニードル脱毛は毛穴に極細の針を差し込んで電流を流すことで毛乳頭にダメージを与える施術方法であり、この方法であれば肌の色は特に問題になることはありません。